その4.恐怖の言葉 (ダンボール編)

4.引越しの荷造り用ダンボールを自分で用意する!

このセリフ、ちょっと危険なセリフでして
引越し業者さんは一瞬、戦慄が走ります(゚д゚)くわっ


ダンボールって結構高いんです。
大きさで金額決まるんですが、引越用ならホームセンターなどで、1枚190円以上します。

ダンボール無料って言ってる業者さんでも、ほとんどの場合は基本料金に込みになっているだけです。
なのでダンボールはこちらで用意すると伝えれば、理屈的には安くなります。引越し用の段ボール



ところが
ダンボールを自分で用意するって方は、スーパーでもらってくるっていうパターンが多いのですが、引越しの荷造りに最適なサイズのダンボール...

(縦×横×奥行=130cm前後)



スーパーにないんです(汗)


スーパーにあるのはこれ
●3辺合計80㎝前後のジュースや果物用の小さすぎるもの
●3辺合計180㎝以上もある大きすぎるもの(トイレットペーパー用)

お察しの通りですが、小さいほうは本当に役に立たず、大きいほうに詰め込むことになります。これがまさに平成の地獄絵図とります(汗)


ホンマにちゃんと用意するんやろうなあああああああああああああ(´;ω;`)ウゥゥ


お客様が この
『ダンボールは自分で用意する』 攻撃を開始した時点で

営業担当の人は
かなり疑っておりますので、ここは、よほど強く戦わないと、その疑いは払しょくされないことでしょう。

見つけましょう!みつけて見せましょう130㎝前後!!と強く言い切るか、勤めている仕事の関係で、たまたま段ボールや梱包資材がいくらでも手に入る、というどちらかのセリフをあびせることができるなら、お客様に少し勝ち目も見えてきます。


が、しかし

基本は戦わないことをお勧めします



そのどちらかのセリフをあびせることができないのであれば、ここは戦わないことを強くお勧めします。素直に段ボールは引越し業者さんに用意してもらいましょう。ここの交渉を間違えると、痛い目みること間違いありません!


営業マンがまだ疑っている場合
お客様の気づかないレベルで、上乗せ金額が発生していることでしょう( ;∀;)
03.png

段ボールを引越し業者さんに用意してもらったら、確かにその分いくらかは高くなります。高くなりますがそれをケチるともっと高い見積もりを出される可能性が生まれるという、ややこしいお話なのでご注意ください。

お客様が「ダンボールは自分で用意する」攻撃を開始した時点で

業者の本音は
絶対に用意できないだろうな(;一_一)

当日は荷造りがいい加減で時間のかかる引越しになりそうだな

2件目に影響が出そうだな

高めに見積もりしておこう(-。-)y-゜゜゜

です


※単身の引越し業者さんなどですと、ダンボールの配達自体を行っていないので、ご自身で用意されてくださいってところもあります。その場合は、業者さんがそういっているので問題ないと思われます。



スマホからご覧の方で
順番に見て頂ける方はこちら

(その5/7)荷物リストは神の紙



スマホからご覧の方で
どうしても時間のない方はこちら
 7.最終章 【目からウロコ たまたま便の選び方】


COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.